SDGs With Midwife

3月8日の国際女性デーに私達、株式会社WithMidwifeは SDGs達成に向けた取り組みを強化することを宣言します。

SDGsとは?

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは、“2030年までに国際社会が達成すべき17の目標”のことです。 「Sustainable Development Goals(持続的な開発目標)」の略称で、日本だけではなく、 国連加盟国193カ国の共通目標として、2015年9月の国連サミットで策定されました。 “地球上の誰一人として残さない(leave no one behind)”ことを目指し、 先進国と途上国が一丸となって達成すべき17の目標から構成されています。

㈱With Midwifeの取り組み

㈱With Midwifeはその中でも特に助産師としての強みを発揮できる 「5.ジェンダー平等を実現しよう」のゴール達成に向けて取り組みを強化することを 2020年3月8日「国際女性デー」に宣言します。 日本では、ジェンダーの悩みを持つ人は20人に1人。 働く女性の7割がなんらかの「ハラスメント」の経験を持ちます。 また、出生率は年々低下し、社会全体でいのちを産み育てていく必要があります。 具体的な取組として、私たちは3つを実行します。

5.ジェンダー平等を実現しよう

誰もが性別に関わらず平等に機会を与えられる「ジェンダー平等」な社会を実現します。すべての女性や少女が、本来持っている能力を十分に発揮して生きることができる社会をつくります。

㈱With Midwifeの取り組み

1.㈱WithMidwifeのメンバー全員が多様なジェンダーに配慮した丁寧な言葉遣いを心がけます

2.私たちと関わってくださる皆様は、共にジェンダー課題を解決する仲間です。 当社の事業を社会に広めていくことで、共にジェンダー課題に取り組む仲間を増やします

3.顧問助産師契約1社ごとに3.8万円(産婆)を女性のいのちと健康を守るために活動している国際協力NGOグループ「JOICFP」に寄附します

※JOICFP/ジョイセフ(公益財団法人)は、女性のいのちと健康を守るために活動している日本生まれの国際協力NGOです
上記以外にも株式会社With Midwifeは、助産師のチカラで、すべての人が性にとらわれず安心安全に過ごせる社会創りに貢献していきます!これからも応援よろしくお願いします。

株式会社WithMidwife一同