活動報告

  1. HOME
  2. ブログ
  3. お知らせ
  4. Gathering Fanに挑戦します!

Gathering Fanに挑戦します!

8/20~9/20までの間、私達With Midwifeは【Ghatering Fan】に挑戦し、〝1000いいね!〟を目指します!!少し長いですがお付き合い下さい。


______________________________ 
□Gathering Fanとは
□With Midwifeとは
□私達の想い
□提供する主なサービス
□ラストメッセージ
______________________________

■Getting fan とは
Getting Fanとは、公益財団法人大阪産業局主催のビジネスコンテストFund&Fan(公式HP: https://www.sansokan.jp/ff/ )の最終課題名です。
内容は、With Midwifeの公式Facebookページへの「いいね!」=ファンをどれだけ集められるか。
この課題をクリアすることで、私達のこれからやろうとしていること(■サービス 参照)の質をより高め、沢山の方にさらに良いサービスを届けるために、有識者の支援を貰いながら一緒に作りあげていくことができます!
私達が掲げた目標は「1000いいね!」です。
つまり«皆さんの協力=いいね!やシェア»が必要です!!
(左上の投稿者であるWith Midwifeを押すとページに飛べます。)
以下長くなりますが読んでいただけると幸いです。

■With Midwifeとは
#WithMidwife とは「生まれることの出来なかった たったひとつの命でさえも取り残されない未来」の実現をMISSIONに、立ち上げられた団体です。(年度内の法人化を目標にしています。)メンバーは全て #助産師。産むのを助けるだけじゃない助産師のスキルをもっと社会に活かすために、企業をメインフィールドに現在6名の同志と活動しています。1年間の下積みを経て今年6月に立ち上げたばかりですが、現在は社員向けの健康・子育て支援、また助産師向けコミュニティ運営などをしています。
助産師ってなに?という方は、こちら( https://withmidwife.jp/elementor-2139/ )をご覧下さい。

■私達の想い
私達は、医療では解決できない命の課題を解決するために病院から企業にフィールドを変え活動することにしました。新生児(生まれて28日以内)の死亡要因のうち8割を占める虐待や、妊産婦死因の1位である自殺(産後うつ)、年間18万件の中絶。これらの課題を解決するのは、Care(丁寧な寄り添い)だと感じます。
病院や行政の様々なサポートもありますが、もっと日常的に女性やパートナーが過ごす場所に私達から歩み寄りたい。だからこそ多くの方が時間を過ごす「職場」に、私達自身で活動の機会を創り、より多くの「寄り添える」きっかけを生み出していきたいと思います。

■私達が提供する主なサービス
①顧問助産師
顧問弁護士、顧問税理士…企業が契約して支援を貰う〝顧問〟とされるカタチに、社員の健康や女性の活躍、子育てを守る「#顧問助産師」も参画!
日々の健康や育児の相談業務に加え、幹部や社員向けのセミナーや、人事部と連携したキャリア支援、時には一緒にマーケティングやイベント企画なども行います。
(今年6月以降で実績4社)

②Family Strategy(略:ファミスト)
顧問助産師が日々接する社員さんやそのパートナーが妊娠した、そんな時も私達がサポートします。
FamilyStrategy(略してファミスト)は妊娠発覚から本人またはパートナーが復職するまで、一緒に伴走しながら、家族の子育てを支援します。3回のカウンセリングを主軸に、出産前の育児指導、直接ご自宅に訪問しての産後のケアや24時間体制の相談など、今までなかった充実したサポートを、国家資格をもつ助産師が提供します。
産後困ってからでは遅いんです。だからこそ私達は妊娠中から産後をイメージして家族と一緒に準備していく、そんなサービスを作りました。
(10組のフィージビリティースタディー済)
※10月にリリース予定

③助産師向けコミュニティ
これまで行ってきた、「Share with Midwife」などの仲間に向けた知識の提供や交流の場も、もちろん継続して、行っていきます。
(助産師の方へ: https://withmidwife.jp/services/助産師のみなさまへ/)
病院の中では見えなかった、働く女性や家族が抱える困り事や置かれた状況を、病院で勤める仲間たちと共有することで、切れ目のないよりよい家族サポート、女性へのケアに繋げていきます。
もちろん、助産師さんに楽しんでもらえることもペースを落とさずどんどん企画して行きます!

■ラストメッセージ
私達がやろうとしていることは、前例がありません。だからこそ、とても不安です。でも、アイデアや知識、経験よりもまず行動だと考えています。今回のサービスを作るに当たっても、実際に小さな1歩をふみだし、周りのサポートがあったからこそ、ようやく実現しそうなところまで来ることが出来ました。
目の見えない相手に何かをお願いすることはとても苦手です。しかし今回のこの「1000いいね!」という目標は私達の力だけ、友人へのお願いだけではとても達成することができません。でもここまで作りこんできたサービスをより多くの人に届けることが出来るなら、私達は必ずこの課題をクリアしてみせます!
是非 @with.midwife への【いいね!】または【シェア】という形で、皆さんの力をお借りできれば幸いです。
無理は承知ですがその際一言だけでもいいので、皆さんの言葉を添えて発信してくださると嬉しいです。私達の想いが皆さんに届いたように、まだ見ぬ「誰か」にも私達の想いが伝わりますように。

Facebook ページ“いいね”へのご協力をお願いします!

最後に
このようなチャンスを下さった、公益財団法人大阪産局Fund&Fan事務局・メンターの皆様、私達を発掘してくれた女性起業家応援プロジェクト、 #LED関西 の皆様、半年間一緒にここまで歩んでくださった大阪信用金庫様をはじめとする15社のサポーター企業の皆様、そして最高の仲間達に深く御礼申し上げます。

関連記事