1. HOME
  2. ブログ
  3. お知らせ
  4. 【経済産業省 令和3年度「フェムテック等サポートサービス実証事業費補助金」における補助事業者に弊社の2事業が採択されました】

【経済産業省 令和3年度「フェムテック等サポートサービス実証事業費補助金」における補助事業者に弊社の2事業が採択されました】

.この度、株式会社With Midwifeは、経済産業省が交付する、フェムテックなどの製品・サービスを活用し、妊娠・出産などのライフイベントと仕事の両立やヘルスリテラシーの向上など、個人のウェルビーイング実現に向けた事業の補助事業者として採択されました。
https://www.pwc.com/…/femtech-public-offer210628.html.
応募総数81事業中20事業が採択され、その中で唯一弊社のみ2つの事業で採択されました。
弊社が行う事業は以下の2つです。
事業1:大企業および中小企業の従業員を対象としたライフステージを支える企業内助産師の有用性検証事業弊社は今まで顧問助産師サービス「The CARE」として、従業員へのヘルスケア・メンタル・子育てなどのオンライン相談や、健康やキャリアに関するセミナーを提供してきました。
本事業では、東京慈恵会医科大学と連携し、多様な業種や企業規模の大小などの属性とサービス前後で得られた指標を分析し、サービスの有用性を検証します。

事業2:潜在助産師を活用した、地方における育児期の女性の職場復帰を支援するオンライン相談事業:「The CARE for Community」実証実験本事業では、顧問助産師サービスの対象を企業ではなくコミュニティ(地域)とし、助産師オンライン支援サービス「The CARE for Community」を検証します。
信州大学及び長野県と連携のもと、長野県をフィールドとして、女性の仕事と生活の両立に関する実態調査、および地域の助産師によるオンラインサポートサービスの有用性を検証します。
また本「フェムテック等サポートサービス実証事業費補助金」事業には、弊社岸畑の起業のきっかけとなった、公益財団法人大阪産業局主催(近畿経済産業局共催)の 女性起業家応援プロジェクト LED関西のファイナリストであります、アボワールインターナショナル株式会社代表取締役 中村真由美さんも採択されており、3事業がLED関西出身者という嬉しい結果にもなりました。

近畿経済産業局、公益財団法人大阪産業局のみなさま、サポーター企業のみなさま、いつも本当にありがとうございます。
我々は本実証事業を通して、女性や家族の働きやすさやヘルスリテラシー向上にさらに貢献できるよう、邁進してまいります。

今後も引き続き応援のほどよろしくお願いいたします。