1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 内閣府主催少子化社会対策大綱の推進に関する検討会(第4回)に有識者として弊社代表の岸畑が出席

内閣府主催少子化社会対策大綱の推進に関する検討会(第4回)に有識者として弊社代表の岸畑が出席

株式会社With Midwife 代表取締役 岸畑 聖月が内閣府主催少子化社会対策大綱の推進に関する検討会(第4回)に出席いたしましたのでお知らせいたします。

少子化社会対策大綱の推進に関する検討会は少子化社会対策基本法(平成15年法律第133号)第7条に基づき策定された少子化社会対策大綱における施策について、進捗状況等を検証・評価し、必要な見直しにつなげるPDCAサイクルを適切に回すため、少子化社会対策大綱の推進に関する検討会です。

2022年2月7日に第4回を迎え、今回のテーマは「妊娠・出産」についてでした。詳細はこちらよりご確認ください。(資料などもダウンロードできます。)

弊社岸畑は、株式会社With Midwifeの取り組みやその社会的背景、この分野における助産師の有用性やサービス提供の中での利用者、企業の声について知見を共有し、今後の政策にむけて4つの提言を行いました。

また当日は、現在自由民主党幹事長代行 野田 聖子大臣 も出席し、岸畑に以下のようなコメントをしていただきました。

【野田聖子大臣からのコメント】
・私自身も高齢出産だったが、高齢出産はオススメしない。
・私は母をはじめ、教育を受ける機会がなかった。(プレコンセプションケアの不足)プレコンセプションケアなど、早く知れることにこしたことはない。
・岸畑さんが助産師さんといってましたが、野田家も実は助産師の家系。女性が働くという家系で、助産師はとても素晴らしい職業だが、おっしゃるように活かしきれていないとも感じる。助産師は今後大切なプレイヤーになってくる。
・特に今年は4月に不妊治療補助が開始となり、ぜひみなさまの知見を参考にチームを強化したい・今後、(株式会社With Midwifeにおいては)チームを強化して行っていただきたい。
・若いみなさんの明るいお声を聞けて、よかった。これからの若い世代に期待している。

その他にも、下記構成員の皆様から以下のようなたくさんのご質問もいただき、有意義な検討会になりました。
【いただいた意見、質問の一部】
・(専属助産師の活用に関して)企業努力ではなく、社会システムとして取り入れるべきだと思うがどうか
・助産師さんの助言範囲に不妊治療を諦めたけれども、養子を考える、などもアドバイスできるのか
・健全にカップリングできない若い世代へのアプローチは可能か
・ライフイベント教育をする上で、注意するべき点は何か
<構成員>
天野 馨南子 ニッセイ基礎研究所生活研究部人口動態シニアリサーチャー
駒村 康平 慶応義塾大学経済学部教授
榊原 智子 読売新聞東京本社教育ネットワーク事務局専門委員
佐藤 博樹 中央大学大学院戦略経営研究科教授(座長)
前田 正子 甲南大学マネジメント創造学部教授
松田 茂樹 中京大学現代社会学部教授
村上 芽 日本総合研究所創発戦略センターシニアマネジャー
【五十音順、敬称略、役職は令和3年5月31日現在】

今後も引き続き、株式会社With Midwifeとして公的にも有益な情報を共有できるよう精進していく所存です。2021年8月より行っておりました経済産業省令和3年度「フェムテック等サポートサービス実証事業費補助金」成果報告会も2月15日に実施する予定ですので、ご都合つく方はご参加ください。


■開催概要
・日 時:2月15日(火)13:00~17:00
・場 所:zoomオンライン開催
・対象者:女性の健康課題の解決に取り組む企業や自治体、医療機関の担当者、フェムテック関連事業者、報道機関など

 ■プログラム
第1部:実証事業者による成果報告のプレゼンテーション
第2部:パネルディスカッション 「自治体や民間企業におけるフェムテックサービスの活用」
第3部:次年度の事業概要について

 ■パネルディスカッション
 パネリスト:
・東京都渋谷区役所グローバル拠点都市推進室主査 瀨野 小枝子 氏
・広島県三原市経営企画課総合企画係長 清水 逸司 氏
・株式会社パソナグループHR本部ワークライフファシリテーターグループグループ長 齋藤 満梨奈 氏
・株式会社タウ総務部健康管理課主任 酒匂 こず枝 氏

■申込方法
事前登録制:https://forms.gle/XLfvu5Y1QporVTyc6
 申込締切 :2月10日(木)EOD

※こちらのリンクよりご登録ください(無料)
※申込フォームは本事業事務局(PwCコンサルティング合同会社)サイトで運用されております。
※申し込みいただいた方には成果報告会の視聴リンクをお送りします。
※パネルディスカッションの内容及び登壇者は予告なく変更となる可能性がございますので予めご了承ください。

■お問い合わせ(主催)
PwCコンサルティング合同会社 公共事業部
「フェムテック等サポートサービス実証事業費補助金 」事務局
E-mail: jp_cons_femtech@pwc.com(受付時間 9:15~17:15/月~金(祝日除く))


今回内閣府検討会に登壇の機会をいただけましたのも、日頃ご支援していただいているみなさまのおかげです。引き続き株式会社With Midwifeをどうぞよろしくお願いいたします。