1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 【経営者必見のアーカイブを公開!】「数万人が利用するEAPサービスが導き出す見落としがちな従業員のSOSトップ3とは 」

【経営者必見のアーカイブを公開!】「数万人が利用するEAPサービスが導き出す見落としがちな従業員のSOSトップ3とは 」

株式会社With Midwifeは、「数万人が利用するEAPサービスが導き出す見落としがちな従業員のSOSトップ3とは」というテーマで、人事の方へ向けた学びの場を開催いたしました。当日は多くの経営者、人事の方にご参加いただきありがとうございました。大変好評をいただきましたので、先日の様子をアーカイブにまとめさせていただきました。

もうすでにEAPサービスを導入している企業様にとっても有益な情報を提供できるような内容になっておりますので、ぜひご覧くださいください。

数万人が利用するEAPサービスが導き出す見落としがちな従業員のSOSトップ3とは

\こんな疑問はありませんか?/

「社外相談サービスって、どんなサービス?」
「EAPへの相談ってどんな時にするの?」
「すでに社外相談サービスを導入しているけど、もっと活用できないかな?」
「導入してみたいけど、私たちに負担がかからない?」
「産業医や保健師との業務の住み分けに困っている」

そんな疑問をお持ちの貴方へ、ぜひWith Midwife主催の本セミナーにご参加ください!

昨今の新型コロナウイルスの流行に伴い、多くの企業では在宅ワークなど働き方改革が進み、ライフスタイルもコミュニケーションの取り方も変化しました。このワークスタイルとライフスタイルの急激な変化により、直属の上司でさえも部下やチームメンバーの困り事、身体の不調、家庭環境や経済的不安など、個人の状況を把握しづらくなっています。

また、以前まで気軽に行えていたようなことも難しくなっている背景もあります。例えば仕事やプライベートでつまづいた時の先輩や同僚へちょっとした話をしたり、、タイムリーにアドバイスをもらったりもしづらく、個人で問題を抱え込みがちになり、結果的にメンタル不調に陥ることも少なくありません。

このような状況から、人事総務担当者や社員の健康や健康ウェルネス推進担当者、実際に部下の管理をしているマネージャーみなさまの負担は増えているのではないでしょうか?

そこで本セミナーでは外部相談窓口としてサービスを提供している各社の特徴を紹介したり、実際に活用した際の具体的な相談内容や導入時の活用方法まで、赤裸々にお伝えします。

導入前に実際にどのような相談ができるかを具体的に知りたい!」「すでに導入している社外相談サービスの活用を促進したい!!」と考えられている皆様はぜひご覧ください!

詳細・ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

agenda
1)外部相談窓口が注目されるワケ
2)各社のEAPサービスを紹介
※弊社EAPサービス「The CARE」もご紹介いたしました。
3)リアルな相談内容を分析!事例から学ぶオンライン相談でみえたSOSトップ3
4)社外相談サービスをもっと活用するための提案
12:20 質問タイム ※リアルタイム視聴のみなさまの疑問にお答えします!
12:30 イベント終了
*プレゼント:明日から使える「With Midwife特性ウェルネスマネジメントシート」を贈呈!

▶︎対象

  • 経営者および管理職
  • 人事担当者
  • 社内相談窓口担当者

\特にこんな方に聞いてほしい!/

  1. 部下や同僚のケア方法に悩んでいるマネージャーなど管理・監督者
  2. EAPなど外部相談窓口の設置に興味を持っている方
  3. EAPサービス導入後の社内周知に困っている方 

▶︎方法
TOPのYouTubeリンクよりご覧ください。

ーーーーーーーーーーーー
【スピーカープロフィール】


岸畑 聖月氏
株式会社With Midwife 代表取締役/助産師
香川県出身。2016年に京都大学大学院高度実践助産学修士課程を修了。助産師として大阪の総合病院に勤務しながら、2019年に㈱With Midwifeを創業。株式会社赤ちゃん本舗や信州大学との連携プロジェクトを統括するほか、内閣府主催少子化社会対策大綱における検討会において有識者として出席。メイン事業として企業に助産師の導入を進める「顧問助産師サービス『The CARE』」を展開している。

松浦 治美氏
産業ソーシャルワーカー1級/精神保健福祉士・社会福祉士

事業会社2社で23年間人事部に所属。採用から教育、ハラスメントやメンタルヘルスの相談窓口業務に携わる。職場環境の調整で社員のメンタルケアとワークライフバランスを整えることに限界を感じ、企業を退職し大学にて、社会福祉と精神保健福祉を学ぶ。資格取得後は「働く個人をサポートする」専門性を身に着けるため、産業ソーシャルワーカー協会に所属。メール相談業務の傍ら研鑽を重ね、働く個人の多様な問題に幅広く対応できる産業ソーシャルワーカー1級を取得する。

株式会社With Midwifeとは

「生れることのできなかった、たったひとつの命でさえも 取り残されない未来」の実現をミッションに、助産師のみで発足した会社です。主に以下の5つの事業を行っております。
①助産師のサポート事業
└助産師に向けた知識提供や、コミュニティ運営、イベントの開催など
②顧問助産師事業( https://thecare-biz.jp/ 
└企業に助産師を導入し、従業員の健康や子育てをオンラインや対面、自宅でもサポートします。女性が子育てをしながらも働きやすい職場環境づくりに貢献します。
③助産師と生活者をつなぐ事業( https://mtmidwife.jp/ )
└助産師検索サイト「Meets the Midwife」を運営し、今まで助産師のケアが届かなかった個人に対しても、気軽に自分にあった助産師とつながる環境を提供します。
④性教育ボードゲーム事業( https://pj-genie.jp/ 
└子どもたちが「知らなかった。」で後悔しないために、遊びながら自然と性に関する知識を得られる性教育ボードゲーム「Genie」を提供しています。
⑤その他事業
行政の委託事業や助産師の知見をいかした商品開発、コンサルティングなどを行なっています。
以下主要団体とそのプロジェクトページ
ー株式会社赤ちゃん本舗様( https://www.akachan.jp/doubleslash/ 
ータカラベルモント株式会社様( https://whc-takara.jp/ )
ー信州大学様( https://wellvic.jp/ 

【お問い合わせ先】
株式会社 With Midwife
担当:松浦
メールアドレス:info@withmidwife.jp
当社ホームページ:https://withmidwife.jp/

みなさまのご意見、ご感想をお待ちしています!