不定期刊行 With Midwife Journal 特別号

With Midwife Journal 特別号

そもそも助産師って何?

What is 助産師 ?

助産師は女性をはじめその家族に生涯を通して寄り添うことを仕事としています。それぞれのライフステージに合わせたケアや相談、指導など行うことができます。看護師が行う仕事に加えて、お産の介助や、新生児や乳児のケアを自分の責任で行うこと、開業権などが認められている上級看護職です。

助産師になるには?

 助産師になるには、まず国家資 格である看護師免許を持っている ことが前提です。その後、大学院 等の助産師養成機関で一年以上助 産に関する専門的な知識と技術を 学びます。

特に妊娠・出産・育児の専門家

妊娠・出産・育児に関することを得 意としています。妊婦健診、妊娠中の 健康管理や知識提供、お産の介助、産 後のお母さんや赤ちゃんのケア、授乳 介助などは特に専門性が高いケアを提 供できます。

助産師が活躍する場所

病院や診療所、また助産所で働く 助産師が多いです。開業権があるの で、助産所を開業している助産師も います。また、家庭訪問(新生児訪 問など)をしたり、保健センターな ど様々です。

いろんな場面でも

 周産期以外でも得意分野を活かして 活躍する助産師は多いです。例えば子 供や大人への性教育、更年期へのケア、 近年増加している不妊治療に関する相 談や身体のケア、育児支援など多岐に わたります。 

広がる企業との連携

女性活躍や子育て支援が推進される中、企業と助産師の連携が増えて います。商品開発のための企業マーケティングへの参加、社員に対する 相談やセミナーの開催、産休・育休取得者への支援など実際に行われて います。助産師が介入することで、より専門的できめ細やかなサポート が可能です。

Q.男性は助産師になれないの?

A.現在日本では助産師になれるのは女性のみです。しかし欧米諸国では男性助産師も活躍しています。

Q.全国に何人いるの?

A.就労しているのは約 3.5 万人です。資格を有する人は約 11 万人で、多くの潜在助産師がいるのが実情です。