1. HOME
  2. 予防接種ルールが10月から変更!!ポイントは接種間隔の変更とロタウイルスの定期接種化

予防接種ルールが10月から変更!!ポイントは接種間隔の変更とロタウイルスの定期接種化

こんにちは。子育てママのゆきです。
世間はまたコロナウイルスが広がり始め、警戒が必要な時期になってきましたね。
外出や人との交流が思うようにできない現在、皆さんもおうちで過ごされる時間が増えていると思います。
おうちでホームページを見てくださる皆様のため、このWith Midwifeのコラムのページでも色々な情報やメッセージを発信していけたらと思っています。

今回は10月から変更になった予防接種のルールについてお伝えしたいと思います!

まず予防接種のこれまでの歩みについて
先進国の日本ですが、予防接種については、世界の中で最先端を行っているとは、とても言えるものではありませんでした。
欧米に比較し大きく遅れていた日本の予防接種ですが、実はここ10年ほどで大きく改善されてきているのです。
たとえば、最近では2014年10月から水痘(水ぼうそう)ワクチンが定期接種となりました。
定期接種とは、「国が接種を推奨し、法律に基づいて市町村が主体となって実施するワクチンのこと」です。
皆さんにとっては、自費ではなく公費で接種できるようになるということが大きいですよね。
実は水痘は2014年の定期接種後、患者数が明らかに減少したんです。
定期接種化により接種率が大きく上がり、有効性がはっきりしてきたのです。
このように、予防接種はひとつひとつ改善され、人々を感染の脅威から守ってきたのです。

そして、2020年10月から予防接種に関するルールが2つ大きく変更されました。
1つ目がロタウイルスワクチンの定期接種化、そして2つ目が予防接種の間隔が変更されたということです。
ロタウイルスワクチンについては、過去のコラムで詳しくお話させていただいていますので、よかったらそちらもご覧くださいね。

ロタウイルスワクチンの有効性は高く、ロタウイルス胃腸炎による入院や受診のリスクを検討した研究結果からは、82%も減少するという報告があります。
完全に罹らなくなるわけではありませんが、明らかに重症化を減らすのです。
2019年3月の時点ですでに97か国で定期接種に導入されていましたが、日本でも2020年10月から定期接種に組み入れられることになったのです。

そしてもう一つのルール変更。

現在の予防接種の間隔に関して「生ワクチン接種後に別のワクチンを接種するのは27日間の間隔」、「不活化ワクチン接種後に別のワクチンを接種するのは6日以上の間隔を」
ということを多くの保護者さんがご存じでしょう。

そのワクチンの接種間隔が2020年10月より変更になるのです。

詳しくお話ししますと、
①「注射生ワクチン」の接種後、「注射生ワクチン」を受けるのは27日以上の間隔を空ける。(今までと変更なし)
②それ以外のワクチンの組み合わせでは、前のワクチン接種からの間隔にかかわらず、医師が認める場合次のワクチンを接種することが出来る。(新たな変更点)
③同じ種類のワクチンの接種を複数回受ける際の接種間隔は、ワクチンごとに決められた間隔を守る必要がある。(今までと変更なし)※①参照

※ ワクチンの種類について
注射生ワクチン:麻しん風しん混合ワクチン・水痘ワクチン・BCGワクチン・おたふくかぜワクチンなど
経口生ワクチン:ロタウイルスワクチン など
不活化ワクチン:ヒブワクチン・小児用肺炎球菌ワクチン・B型肝炎ワクチン・4種混合ワクチン・日本脳炎ワクチン・季節性インフルエンザワクチン など

※①同じ種類のワクチン接種の間隔は、ワクチンごとに決められた間隔を守る

今回変更になった理由として、不活化ワクチンは、他の不活化ワクチンや生ワクチンとの同時接種を含めてどのような間隔で接種しても、お互いのワクチンの免疫が影響されないことがわかっているからです。
なお、今回の改定で変更になったルールは、海外では普通の方法なんです。
今回の変更で世界標準に近づいたといえますね。
接種間隔の制限が減ることで、接種の遅れや忘れが減り、病気で苦しむ子が減ることが期待できるのではないでしょうか。

例えば、これからの季節、すでにインフルエンザの予防接種を受けた方も多いと思いますが、インフルエンザワクチンは不活化ワクチンであるため、他のワクチン接種後は、翌日からでもインフルエンザワクチンを接種できるようになります。

予防接種の種類が多くなり、予防接種の予定が組みにくくなってきた保護者さんにとっては、助かる改定といえるでしょう。
ただし上記のように変更にはなりましたが、接種から数日間は、発熱や接種部位のはれなどが出ることがあります。
ルール上接種可能な期間であっても、必ず、発熱や接種部位のはれがないこと、体調がいいことを確認し、かかりつけのお医者さんに相談の上、接種を受けてくださいね。

本日もお読みいただきありがとうございました。

参考:厚生労働省HP

ぜひその悩みを助産師に相談してください!
コラムの内容についてなど、ご相談したいことがありましたらお気軽に助産師へご相談ください。
日本初、全国の助産師を可視化した助産師検索サイト「Meets the Midwife」はコチラ!https://mtmidwife.jp/