活動報告

  1. HOME
  2. 妊娠中に起こると怖い陰部静脈瘤って知ってる?!

妊娠中に起こると怖い陰部静脈瘤って知ってる?!

こんにちは。初めまして。

2人の子どもの子育て真っ最中のゆきと申します!

皆さんは妊娠中のマタニティトラブルの1つ、陰部静脈瘤ってご存知ですか? 今日は妊娠中に起こりやすい陰部静脈瘤という病気について私の体験談も踏まえてお話しします!

● 陰部静脈瘤って?

陰部静脈瘤とは、足ではなく外陰部から内股にかけてできる女性特有の静脈瘤で、足のつけね、ふとももの裏側、膝の裏などの血管が膨れて瘤のようになったり、鈍痛や熱感を感じたりするようになります。また会陰部にできることもあります。

●どうして妊婦に発症しやすいの?

妊娠中は、赤ちゃんに酸素や栄養を送ってあげる必要があるため、体の血液量が増加し、血管が拡張します。その上、エストロゲン(卵胞ホルモン)という女性ホルモンが増加し、このホルモンの働きによっても血管が拡張します。

この血管が拡張しすぎることで、「静脈弁」という静脈の逆流を防ぐ弁がきちんと働かなくなり静脈瘤が発症しやすくなります。 また、妊娠中はどんどん子宮が大きくなり周囲の臓器を圧迫します。特に大静脈が圧迫されると下半身の静脈の血流が滞り、静脈内の圧力が大きくなって逆流を防止する弁に負担がかかります。

それにより弁が壊れたり、機能不全をきたしたりすると血液が逆流して、静脈瘤が発症しやすくなります。 静脈瘤は妊娠初期から現れることもあるものの、多くの場合、お腹が大きくなりやすい妊娠中期以降で起こりやすいそうです。

●主な症状

* 足の付け根、太腿の裏側、膝の裏側の血管がボコボコする
* 足に鈍い痛みや熱感がある
* 外陰部や下腹部が痛む  など

●自然には治らないの?

出産を終えると女性ホルモンが急激に低下し、さらに子宮も小さくなるので症状は軽減します。

ですが、静脈瘤がなくなるわけではないので、その後も生理や妊娠などにより骨盤内の血液量が増えると症状が再発する可能性があります。

私の場合は、二人目の妊娠中期から、会陰部に静脈瘤ができてしまいました。 歩くのも痛い、そして立ちっぱなしの時間が長くなるとそれだけでも痛みが増しました。

でも上の子の公園に付き合わないといけないし日々痛みと付き合いながらの妊娠生活でした。立っているのも痛い時は、ベンチに腰掛けたりするだけで少しはましになったのを覚えています。

またトコちゃんベルトのような締め付けるものも、静脈瘤があると痛みを強める可能性があるので付けていませんでした。

妊娠中は静脈瘤が本当に辛くて、出産後もこのまま治らなかったらどうしようという不安が増す一方でしたが、出産後は静脈瘤が、血腫に変わっていき、産後しばらくは座るのも痛い日々が続きましたが、徐々に吸収されて小さくなっていき治りました。

私の場合はその後、症状の再発もしていませんが、出産後もつらい症状が続く場合は医師の診察を受け、適切な治療で治すようにしましょう。

このようなマタニティトラブルもあるんだということを少しでも多くの方に知っていただき、妊婦さんやご家族の方の不安の解消、安心や幸せに繋がれば幸いです。

関連記事