活動報告

  1. HOME
  2. 妊娠中の食事は子どものアレルギー発症に影響する?

妊娠中の食事は子どものアレルギー発症に影響する?

こんばんは、助産師のさっこです!

妊婦さんから、“妊娠中に食べたものは子どものアレルギーに影響しますか?”という質問をよくいただきます。

日本でアレルギー性疾患の有病率は年々上昇傾向であり、現状では国民の3人に1人は何らかのアレルギーを有していると報告されています。( 厚生労働省健康局がん・疾病対策課:平成28年アレルギー疾患の現状等厚生労働省 )

保育園や学校での対策なども強化されている中、これからお子さんを迎える方にとっても気になる話題ですよね。

では実際はどうなのでしょうか?

現時点の研究結果では

特定の食物抗原を除去 することによる児のアレルギー性疾患発症予防効 果は期待できず,むしろ早産,低出生体重児などの デメリットが大きくなると考えられる。また,特定 の食品成分の過剰摂取も有益とは断定されない。

 妊娠中の食事と児のアレルギー  周産期医学VoL46 No.122016-12

とされています。

逆に、特定の食品の摂取を制限することが、母体の栄養不良や、低出生体重児、早産などのリスクに繋がる危険性が示唆されています。

コンビニやスーパー、外食などで手軽に食事を摂れるようになってきた反面、“栄養がある食事”を摂るには、自らの意識や心がけがより大切になる時代になってきました。

妊娠中は体重管理などで食事や体重コントロールなどにも神経質になりがちですが、“まごはやさしいこ”に代表されるような和食の食材を中心に、バランスのよい食事を心がけていくことが大切ですね。

関連記事