1. HOME
  2. 子育てと仕事を両立するために必要なこと

子育てと仕事を両立するために必要なこと

こんにちは。子育てママのゆきです。

私は現在、小児科の外来で働きながら、5歳と2歳の娘の育児をしています。

この記事を読んでくださる方の中には私のように仕事と子育ての両立に奮闘しているママさんも沢山おられると思い、皆さんのお気持ちに少しでも寄り添えるような記事が書けたらと思っています。

わが家はパパが宿直で職場に泊まり、帰ってこない日があります。
生活環境は各家庭で違いますし、パパが早く帰ってくるご家庭もあれば、わが家のように毎晩は帰ってこなかったり、帰りが遅いご家庭もあると思います。
パパの協力が得られるかは、家庭によってそれぞれ。

それでもママ達には、毎日家事と育児が待っていますよね。

一日仕事を頑張って帰ってきたら、次は保育園の送迎、夕ご飯、お風呂、寝かしつけ。

空いている時間に洗濯や、部屋の片づけ、掃除など、目まぐるしく時間が過ぎていくような気がします。

子どもたちだって毎日ママの言うことを聞いてくれるわけではありません。
イヤイヤモードで全然ご飯を食べてくれなかったり、子ども同士で喧嘩ばっかりしているなんて夜もありますよね。

こんな時、気づけばイライラしていて、なんで自分ばっかりと苦しくなったり泣きたくなったりすることありませんか?

本当だったら仕事から帰ってきて、子どもたちと過ごせる時間、保育園で頑張ってきた子どもたちを褒めてあげたいし優しいお母さんでいたいのに、気づけば家事に追われてイライラ…子どもを叱ってばっかり。

自己嫌悪になってしまうことありませんか?

お母さんが少しでも楽になるためにはどうすればいいでしょうか。

仕事と育児の両立のコツなどは色々と本やネットでもあげられていますが、

私はお母さんの気持ちが何より大事だと思います。

お母さんの心が健康でいられるために、まずは相談できる相手を1人でいいから見つけることです。
最近の子どものこと、仕事のこと、しんどいことを吐き出せる相手がいること。
それがパパなら理想的ですが、私は自分の母親でもママ友でもいいと思っています。

溜め込まずに辛くなった時には自分の気持ちを聞いてもらえる相手がいるだけで心はすごく軽くなると思うのです。
それがママ友なのであれば、同じ立場だからこそお互いに励まし合ったり、愚痴を聞いてもらうこともできる。
また一緒に楽しいことを計画したりして日々の励みにもなると思うのです。

そしてもう一つ大事なことは、家事と育児に完璧は求めなくていいということ。

仕事の後の夕食も、出来れば全て手作りのものを食べさせてあげたい。
でも疲れているときは市販のお惣菜を買って帰るのもアリです。
子どもと一緒にファミレスで食べて帰るのもアリです。

子どもにとっては、全部が手作りの夕食よりも、お母さんがニコニコしている夕食の方が何倍も幸せだということ。

少しくらい掃除ができていなくても、部屋が散らかっていても、そんなことよりお母さんがニコニコしている方が子どもにとっては何よりの幸せなのです。

私から皆さんへ一番お伝えしたいメッセージ

それはお母さんには自分自身がご機嫌に過ごせる方法を見つけて、気持ちを楽にしてニコニコで過ごせることを最優先してほしいなと思います。