1. HOME
  2. 赤ちゃんの乳児湿疹、どうすれば治る?

赤ちゃんの乳児湿疹、どうすれば治る?

こんにちは。子育てママのゆきです。
お母さんたちの中には、赤ちゃんの乳児湿疹で悩まれている方も多いのではないでしょうか。
というのも、赤ちゃんは非常に高い確率で乳児湿疹ができやすいのです。
本日は赤ちゃんの乳児湿疹についてお話ししたいと思います。

どうして赤ちゃんは乳児湿疹になりやすいの?

生後3か月頃までは皮脂の分泌量が多いことが原因です。
生まれてしばらくの間は、ママのおなかの中にいたときのホルモンの影響で、皮脂の分泌量がとても盛んなのです。
そのため毛穴が詰まりやすく、皮脂腺に脂がたまって湿疹ができやすいのです。

適切なケアの仕方

では次に乳児湿疹のケアの仕方について簡単にご説明します。

皮脂は脂肪なので、水だけでは取れません。石鹸で洗う必要があります。

産後の1か月検診で乳児湿疹の相談をされるお母さんも多いのですが、まだ小さな赤ちゃんだし石鹸を使うのは目に入っても怖いので、お湯だけで洗っているというお母さんが非常に多く見られます。
しかしそれでは皮脂が取れていないので、石鹸を使うことが大切です。
お勧めは泡で出てくるタイプです。
泡で優しく洗ったあと、泡ならシャワーですぐに落ちるので、石鹸成分がお肌に残りにくくお肌の負担にもなりません。

●べったりと張り付いた皮脂はまずふやかす。

 洗い落とす1時間くらい前に、白色ワセリンやオリーブ油を付けて少し温めるとよいです。
その後、お風呂で石鹸やシャンプーを使って洗えば少しずつ落ちます。
髪の毛も多少抜けますが、また生えてくるのであまり気にしないようにしましょう。

●洗った後にはローションで保湿を。

赤ちゃんは大人に比べ、もともと皮膚が薄いうえに、外からほこりや汚れ、ウイルスが侵入しようとするのを防ぐバリア機能が未熟です。
お肌は乾燥することでさらにバリア機能が低下して、外から少しの刺激を受けただけでも炎症を起こしやすくなり、湿疹ができやすくなってしまいます。
普段から保湿をしっかり行い乾燥を防ぎましょう。

乳児湿疹の中には原因を特定することが難しいケースもあり、原因が複合していることもよくあります。
お家でのケアをしっかり行っていても改善しない場合は医療機関で一度ご相談してみてくださいね。