1. HOME
  2. 赤ちゃんの便の色、正常と異常わかる?

赤ちゃんの便の色、正常と異常わかる?

こんにちは。子育てママのゆきです。
赤ちゃんは体のどこかに異変を感じても、自分から言葉で伝えることができません。
そんな赤ちゃんにとって、うんちは大事なサインです。
いつもと明らかに違う色や、形、においなどの変化があれば、病気が隠れているかもしれません。
本日は赤ちゃんのうんちの色と病気についてお話したいと思います。

赤ちゃんのうんち、心配な色は?

それぞれのうんちの色について、考えられる病気についてお話します。

黄色・緑色のうんち

赤ちゃんのうんちで黄色や緑色になることがありますが、胆汁のビリルビンという色素の色であり病的ではありません。

白い色のうんち

白色で固形便の場合は胆道閉鎖症、白色で水様便の場合はロタウイルス性胃腸炎の可能性があります。
白色~クリーム色のようなうんちです。
健康なうんちは胆汁が小腸で混じりあって茶色~黄色っぽくなりますが、色がないということは、胆道の障害が考えられます。

赤い色のうんち

赤い色のうんちの場合は血便かどうかの鑑別が必要です。

血便の場合は、下部消化管出血、細菌性腸炎、腸重積などで見られます。

赤い色でも、たくさんの血が混じっているのではなく固いうんちに少量の血がついているのは、排便時に肛門がきれたもので問題ありません。

食べ物としては、トマト、スイカ、赤かぶ、にんじん等の食べ物を一度にたくさん食べると、その食物の色の便がでることがあります。これも血便ではないので問題ありません。

においをかいでみて、血の匂いがするかということも鑑別の時の基準になります。

黒色のうんち

胃潰瘍の可能性があります。

胃や十二指腸潰瘍など、上部消化管で出血があると、うんちが黒くなります。

また貧血で、鉄剤の内服をしている赤ちゃんもうんちが黒っぽくなりますが、これは問題ありません。

つまり、黄色、緑色のうんちは心配ありませんが、赤い色、白い色、黒い色のうんちは注意が必要です。

 血便が見られたときは、腸重積に警戒が必要です。

腸重積とは、腸の中に腸が入り込んで、血行障害と通過障害を起こし、嘔吐、腹痛、血便などの症状があらわれます。
腸重積はいちごジャムのような粘り気のあるうんちが特徴です。覚えておいてくださいね。

受診するときはどうすればいい?

異常な色のうんちが出たときは、おむつは捨てずに、しっかり包んで病院に持参しましょう。
実物を見てもらうことで、正確な診断ができる場合も多いです。

うんちは赤ちゃんにとっての健康のバロメーターです。
おむつ交換の時には、しっかり確認してあげてくださいね。