Member

Midwife / 代表

Kishihata Mizuki

Midwife/ Community Manager

Sugiyama Ayaka

香川県出身。 京都大学大学院卒業後、病院で助産師として勤務。現在も病院でフルタイムで働きながら、WithMidwifeの活動を行っている。 なんとなく母子が好き、という理由で助産の道へ進んだが、そこで出会った仲間や先輩助産師、家族が素敵すぎて助産に関わることがより大好きになる。しかし、いのちと向き合う過酷な労働環境により先輩助産師が辞めていく様子や、不安を残したまま退院していく母親をみて、今の社会にあった新しい助産師の働き方を探す必要があると感じ、今の活動を行っている。 基本引きこもりで人に会うと緊張するが、なんとか頑張ってます。

Midwife / Creative Manager

Fukao Sakiko

山と創ることが好きな助産師。
大阪大学卒業後、病院で助産師として勤務。現在は企業で産業保健師として勤務しながら、企業と連携した女性活躍や家族・育児支援モデルを思案中。
大学時代にさまざまな環境で育つ子どもたちと出会い、生まれる環境や家族関係が大切なことに気がつき、出産前から母子にかかわれる助産師の道へ。
ミャンマーでのインターン時代に、日本の医療者のホスピタリティや真面目さに感動、助産師の普段は意識はしないけれど根幹にある”寄り添う”気持ちは世界に誇るべきだと思っている。今まで培ってきたちょっと普通の人とはずれてる価値観と自由さが強みです。

Midwife / Columnist

Uehara Saki

フリーランス助産師 上原沙希 福岡県出身。 東京の大学病院MFICUにて2年、産婦人科クリニックにて3年の経験を得て 病院の中だけでは救えない命が世の中には沢山あること、子育てや家族、女性の多くの問題は病院の中ではなく、それぞれの日常の中で起きていることに気づく。 学生時代、友人の性被害の相談を受けたり、産婦人科であらゆる性に関する困難を経験する女性に出会い、誰にも相談できずに悩む人々の力になりたいと思うようになる。 そんな時にWith Midwifeに出会い、共に多くの命を救いたいという思いで活動中。 現在は英語力習得のためヨーロッパに滞在中だが今後はボーダーレスな活動として、国籍や年齢、性別関係なく、食生活アドバイザーの資格や、助産師の知識を活かして「知ってもらう」活動に力を入れて行きたいと思っている。 ストレス発散方法はカラオケ。そして旅。 世界共通言語はテンションとパッションだと思っているネアカです。 顔も丸いですが心も丸いです。

Midwife / Secretary

Sakai Yuzuki

1993年生まれ。東大阪出身。尼崎在住。 短期大学部に進み一般企業への就活を経験。 この先の人生を、自らの命を、本気で費やしたいことは何か考え、8歳下の妹の世話が楽しかったこと、自らが母親になる為に必要な知識をつけ自立したいと考え、看護助産の道に進む。代表の岸畑聖月と病院で出会い、病院で働きつつWith Midwifeの活動に事務として参画。 いつも笑顔で。今の自分にできることを。をモットーに日々奮闘している。

Publisist

Nishisaka Mami

幼少期から中学生までピアノ、中学生から高校生まで柔道に奮起。2011年 同志社大学を卒業。父親の事故を目の当たりにし、人の役に立てる仕事がしたいと思い消防士になることを決意。大阪市消防局 港消防署に入社し4年6ヶ月勤務。この時広報を担当し、消防イベントで例年200〜300人のお客様が集まる程度だったものがメディアへの掲載や工夫を重ねた結果1.5倍〜2倍の集客に成功。自分の今後の人生やスキルを活かす仕事に就きたいと思い退職。 営業事務やモデル、スタートアップ会社であるレンタルスペース運営を経験。店舗経営を学びながら0から売上を創り上げ、30歳の時にある起業家の影響を受け広報で起業。2019年9月With Midwifeに参画。 百人百色プロモーション

Midwife

Ikeda Naoe

筑波大学卒。 女性の一生をサポートするプロフェッショナルになりたい!という想いから助産師の世界へ。 産後チームでの経験から、若い世代へ正しい知識を伝え、より良い人生を歩むサポートがしたいと思い立ち、転職。医療を離れ別フィールドへ。 with midwifeではコラムなどを担当。 「ひとりひとりが大切な存在」というメッセージを伝えられる仕事をすること、今まで支えてくださった方々へ恩返しをすることが今後の目標。 看護学生時代の実習指導者さんから教わった「謙虚に、誠実に、笑顔で」がモットー。 趣味は海外ドラマ鑑賞、映画鑑賞、読書。