メンバー紹介

Kishihata Mizuki
CEO,代表取締役助産師

1991年生まれ/香川県出身
14歳での闘病の経験と、ネグレクトを目にしたことから助産師を志す。学生時代にも一度事業を起こし全国展開を果たす。助産師の可能性とビジネス経験から「これからの時代を支えるために、助産師の価値を最大化する新しいシステム構造が必要」と考え、助産学と経営学を学ぶため京都大学大学院へ進学。卒後は助産師として年間2,000件以上のお産を支える、関西最大の産科で臨床を経験。リアルな社会課題に直面し、課題解決は急務であるとプランを前倒し、2019年に株式会社With Midwifeを設立。現在も、臨床経験を継続しながら経営に携わり、その経験を生かして公益財団法人大阪産業局女性起業家応援プロジェクトのプランニングマネージャーも務めている。

人生の武勇伝

日経新聞の一面に掲載していただけたこと。ちょうどその時は、サービス名を顧問助産師から「The CARE」に改名しようと考えていたころでしたが、大々的に”顧問助産師”とでたためタイミングを延期するという裏話もありました。

座右の銘

God only gives us trials that we can overcome.

Sugiyama Ayaka
取締役

香川県出身。
京都大学大学院にて助産学を学び、卒業後は大阪府の地域周産期医療センターにて助産師として勤務。先輩助産師のいのちに寄り添う姿や想いに感動し、同時に多くの助産師がバーンアウトしていく姿や、病院外で不安を抱える家族をみて、「今の時代にあった、ケアの仕組みを作る必要がある」と株式会社With Midwifeにジョイン。Meets the Midwifeの運営や、広報、経理、総務など、バックオフィス業務を担っている。

人生の武勇伝

小学生時代、曜日が分からず6年間ずっと親に持ち物ダブルチェックされていた状態から、大学まで進学できたこと

座右の銘

「適当に」

Mio Takezaki
Development Manager

大阪府出身。京都大学大学院卒。
赤ちゃん・ママ・教育という言葉に幼い頃から魅了され、助産師に。不思議なことに「生死」ともにご縁があり、ターミナルの患者さんと赤ちゃんの誕生を同時に見る病棟での勤務を経験。その後自身の流産・不妊治療・助産院での出産を経験。心の揺らぎに翻弄する自身の経験から心理学にも興味を持ち、心理カウンセラーの資格を取得。産後、自身のもつTechへの強さを何らかの形で社会に還元できないかと模索する中、2020年10月、かねてよりMVVに強く共感していたWith MidwifeにJOIN。2021年5月 Development Managerに就任し、現在は事業開発・サービスレベル担保・システム/セキュリティ保守・総務まで、幅広く会社の「基盤」を整える役割を担う。

人生の武勇伝

小さい時から小柄で機敏だった私。 4歳の時に補助輪付きの自転車で1.5m程の深さの溝に落ちた。 すごい勢い&小柄だったお陰で、自転車も私もなんの変わりもなく、すっぽり溝にはまり、まさかの無傷。猪突猛進型。

座右の銘

『尊敬・尊重・感謝』

Nakahama Mami
Chief Product Officer

出る杭は打たれる、出過ぎてしまえば打たれなくなる。マイノリティと呼ばれる存在も、時代や環境が変われば容易にマジョリティになる。それでも人は、孤独の中では生きられず、人とのつながり・コミュニティが必要だ。この道を選んだのも、女性の一生涯に寄り添う助産師は、全人的にも生きづらさから救う“術と可能性”という強みを持つと信じているから。東北・関西で学生時代を過ごし、外国人支援や性教育に関心もって、総合病院の助産師/看護師として経験を積んだ。次はグローバリゼーションの中で、新しい物の見方や価値観、多彩な人々と出会い、働くすべて人がそれぞれの個性を魅力として生きられる社会の実現を仲間と共に目指したい。

人生の武勇伝

自分が振り返らない分、過去の修羅場や輝かしい成功体験を格好よく語れる大人は魅力的で、生きた証を聴くことはとても好き。それ以上に今を大事に楽しく生きて、明るい未来を描き語れる大人はもっと大好き。

座右の銘

“If you want to go fast, go alone. If you want to go far, go together.”

Muneuchi Yumika
Chief Relations Officer

東日本大震災の被災経験から看護学に興味を持ち看護の道へ進学。進学当初は保健師を志していたが、そこで助産師の存在を知る。学びを深めていくうちに、広く女性の支援をしたいと考え、看護師、保健師、助産師の資格を取得。卒業後は、都内の地域周産期医療センターにて臨床経験を積み、周産期医療に携わりながらも、通院されていたご家族の不妊治療などの妊娠前のことや、退院後の生活にもっと支援が必要なのではないかと考え、もっと人々の生活の中にある「悩み」に応えたいと思い、株式会社With Midwifeに転職した。Meets the Midwifeの事務局やSNSでの広報、他プロジェクトリーダー、営業を担う。正社員唯一の関東在住。現在社内一番の末っ子。

人生の武勇伝

高校2年生で中高一貫校の部員総勢約100名の音楽部部長を務めました。最後の引退演奏会1週間前に震災により中止。後日、沢山の人にご協力頂き小さいながらもアットホームなコンサートができました。絆に感謝です。

座右の銘

塵も積もれば山となる 笑う門には福来る

Uehara Saki
Midwife Mate

フリーランス助産師 福岡県出身。
東京の大学病院MFICUや産婦人科クリニックにて計7年の経験を得て、病院の中だけでは救えない命が世の中には沢山あること、子育てや家族、女性の多くの問題は病院の中ではなく、それぞれの日常の中で起きていることに気づく。
学生時代、友人の性被害の相談を受けたり、産婦人科であらゆる性に関する困難を経験する女性に出会い、誰にも相談できずに悩む人々の力になりたいと思うようになる。
そんな時にWith Midwifeに出会い、共に多くの命を救いたいという思いでjoinし、現在は思春期の女の子向けのオンライン相談事業や性教育などを担当している。
ストレス発散方法はカラオケ。そして旅。 世界共通言語はテンションとパッションだと思ってます。 顔も丸いですが心も丸いです。”

人生の武勇伝

知り合いも何もいない中、エージェントを頼らずアイルランド留学とギリシャ難民ボランティアに行ったことかなぁ。

座右の銘

Take it easy.

Ikeda Naoe

“女性とその家族に寄り添う専門家になりたいという思いから、助産師を志す。臨床を離れ、青少年に関わる仕事をする中で、家族との関わりや性教育の大切さを改めて感じ、病院以外でも助産師の力を必要としている人や場所があるという思いを強くする。助産師の活躍の場を模索していたところWithMidwifeに出会い、代表の熱い想いに惚れ込み、気付けば今!
「あなたは大切な存在」というメッセージを伝えられる仕事をすることが人生の目標。
子育てに奮闘中の今、お風呂で海外ドラマを観るのが至福の時間。BONES、エレメンタリーホームズ&ワトソンinNY、NUMBERSが好き。”

人生の武勇伝

大学受験時のセンター試験(英語)で、最後の文章問題を解く時間が残らず、全部勘で解いたら全問正解したこと。運で受かったと思っている。

座右の銘

“「笑顔、謙虚、誠実」
実習中に指導してくださった看護師さんから、”社会に出るにあたって大切なこと”と教わった言葉。
何歳になってもこの姿勢は忘れずにいたいです。”

Ueno Sayaka
Midwife Mate

新潟県出身。群馬大学卒。幼い頃からの赤ちゃんが大好きで、命の誕生をサポートしたいという思いから助産師の道へ。都内大学病院の産科とNICUで5年間勤務し、多くの妊産婦さんに出会う。病院や行政だけでは救うことができない命があることや、誰にも相談できず苦しむ女性が多くいることを知り、「助産師」として何かできないかと考え始める。そんな時にWithMidwifeに出会い、現在は地域の保健センターで母子訪問などをしながらWithMidwifeで活動中。また、大学時代に手話を学び始め、耳の聞こえない方が日常で感じる大変さやコミュニケーションの壁を目の当たりにし、聞こえない方にも助産師のケアを届けたいと感じるように。「どんな人も安心して、自分らしく出産育児ができる社会」を目指して活動している。趣味はバレーボールと美味しいものを食べること。人と話すことが大好きです。

人生の武勇伝

大学時代、4畳半の古すぎる学生寮(家賃4000円)に住んでいたこと。100人以上の寮生で貧乏生活をしていました(笑) どんな環境でも適応し、楽しく生きる力が身につきました!

座右の銘

あなたは、あなたであればいい